tier4 駆逐戦車 M8A1【WoTBlitz 戦車紹介】

こんにちは。
fc2blog_20150228155902ef9.jpg
今回は1.7で追加されたM8A1をさっそく紹介したいと思います。
ちなみに、砲塔旋回する駆逐は初めてだったりします。
アメリカのtier4で砲塔回るのこれだけなんですよね…
Lee先生の砲塔回らないし…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

忠実

M5A1軽戦車をもとにして作られたのが、この戦車です。
開発の発注が出された当時の砲塔は限定旋回でした。
しかし、その後柔軟性が足りないと判断され全周旋回式砲塔が搭載されました。
ちなみに、ベースとなった75mm榴弾砲M1A1軽量は小型、分解・組み立ての容易な山砲で、様々なところで使用されました。
実戦では、M5A1軽戦車譲りの軽快な機動力が人気を呼び、イタリア戦線や北西ヨーロッパ戦線、太平洋戦線でも使用されました。

M8A1の性能

装甲

M8A1 装甲
車体装甲は全面鉄板です。
前面は下部が44mm+傾斜があるものの、上部が29mm、と傾斜があっても薄くなっています。
側背面も、25mm~29mmでかなり薄いです。
榴弾でよく貫通されるので注意!
砲塔装甲も正面は38mm防盾+38mm装甲でまだマシなものの、正面以外は鉄板です。
オープントップの砲塔は、上から撃たれるとかなり弱いですが、幸いBlitzには自走砲がないのでまだマシですね。
M8A1 モジュール配置
モジュール配置はこのようになっています。
弾薬庫がいろいろなところにあるので、下手すると紙装甲と合わさって一撃爆散するかもしれません。

火力

砲塔が回るとはいえ、駆逐戦車なので強力な砲が装備可能です。
というか出来なかったら産廃
砲は手堅く削るタイプの「57 mm Gun M1」と一撃重視の「3-inch AT Gun M7」があります。
M8A1 砲2
手堅く削るタイプの「57 mm Gun M1」は一分間に12.89発射撃可能で、平均ダメージは90ダメージとかなりの高性能です。
また、貫通力も悪くなく110と回転砲塔ではない駆逐戦車の最終砲などには劣りますが、同格戦車内では平均以上です。
M8A1 砲1
一撃重視の「3-inch AT Gun M7」は一分間に6.01発しか発射することができず、先ほどの「57 mm Gun M1」には劣るものの、先ほどのと比べたら二倍近く高い平均ダメージ160を出すことができます。
貫通力もさっきのと比べたらやや劣りますが、そこまで気にするほどではないです。
この砲は高い機動力をつかった飛び出し打ちとも相性が良く、私が使っているのもコレだったりします。

機動性

M8A1 機動性
最高時速58kmは伊達じゃなく、敵の弾をかなりかわせます。
車体が軽いのも合わさり出力重量比も21.02とかなりものになっています。
ちなみに、ドイツのHetzerが12.93で、ソ連のSU-85Bは17.14でした。
車体の旋回速度は同tier内だと少し早いぐらいであまり特徴ではないので割愛。
ただ、早いのは車体だけで砲塔の旋回スピードはかなり遅めです。
これがスピードの遅い重戦車などでは車体の機動性とあっているので、大丈夫なのです。
しかし、この戦車の場合は車体の機動性が高すぎるあまりに接近戦をすると砲塔が追いつかないことが多々発生します。
ちなみに、砲塔の旋回スピードが遅いのは、これからのアメリカ第二駆逐ツリーの特徴にもなります。
この旋回スピードが合わないのであれば、開発は後回しにした方が良いかもしれませんね。

総評

装甲が紙なので、前線に行くプレイはあまりお勧めできません。
だからといって、せっかくの回転砲塔なので個人的には芋るのはおすすめできないというかもったいないような気がします。
あと、最終砲は次のT49で使えますから開発しておくのがおすすめです。
まぁ、tier4なので次々行っても問題はないとはおもいますが。


おまけ

オール駆逐!久しぶりに見ました。
アメリカ第二駆逐ルート解禁の影響でたぶん見る機会が増えていると思います。
駆逐戦車のみのマッチング
見たい方は是非今のうちにどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする