【HoI4】最難関の実績「Bearer of Artillery」取得を目指す part.1 1936年

今回から、実際にプレイを始めていきます。とはいっても、1936年中はスペイン内戦とエチオピア戦争しかないので内政メイン回になります。

前回:【HoI4】最難関の実績「Bearer of Artillery」取得を目指す part.0 下準備

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初期準備

まず、開始時点での自国です。

screenshot_no-0000

まあ、そんな強くありません。とりあえず、陸軍を中心に鍛え、空軍は重視しません。海軍は捨てます。

そして現時点のヨーロッパ。

screenshot_no-0001

平和ですね。これがだんだんと乱れていきます。

ちなみに、アフリカではエチオピア戦争が既に開始しています。

screenshot_no-0002

民需工場を少々建設してから、軍需工場に全振りします。

screenshot_no-0004

生産項目は、後々部隊に組み込む予定なので牽引式砲兵を生産。生産するための資源を輸入するための輸送艦が全く足りないため、最優先で生産。かといって、造船所を作る余裕もないため生産自体は超スローペース。

screenshot_no-0014

NFは「ポーランド復讐主義」を最優先での取得を目指します。中立主義では、国際緊張度50%以上であると宣戦布告を行えますが、10%での宣戦布告が可能となります。簡単に言うと、宣戦布告に対する制約が激減するNFです。

screenshot_no-0022

その後、研究枠の追加を目指していきます。上の画像ではわかりにくいですが写っていない四か年計画というNFを一番目に選択するという意味です。

screenshot_no-0017

陸軍ドクトリンは初期の大規模作戦を捨て、優勢火力への鞍替えを行います。

また、画像はないですが初期配置の騎兵をすべて山岳兵に変更。ポーランドの周りは山岳ばっかりなので、こちらのほうが役立つからです。

研究 研究の開始
研究終了 研究の終了
NF NFの取得の開始

AAR中、このようなテーブルがありますが、各々の意味はこんな感じです。

1月

研究 電子機械工学
建築I
基礎工作機械
 NF  ポーランド国家の強化

3月

screenshot_no-0010

一回目のNFの取得を完了。

お隣の国ドイツではラインラント進駐が起こる。

screenshot_no-0011

NFの効果で政治力が150を超えたため、自由貿易に変更

(自国で生産できる資源が少ないポーランドにはデメリットが少ない)

NF ポーランド軍国主義

4月

研究終了 電子機械工学
研究 無線

5月

研究終了 基礎工学機械
研究 集中工業I

NF「ポーランド軍国主義」を取得

徴兵可能人口が800kほど増え、陸軍の経験値も増える。

screenshot_no-0013

陸軍経験値を使って、改組を行う。

まだ砲がそろっていないため、戦闘大隊に砲兵を入れずに支援大隊に工兵と砲兵を追加する。

NF ポーランド復讐主義

6月

screenshot_no-0014

エチオピア戦争の終結。エチオピアはイタリア領になる。

screenshot_no-0015

政治力が150たまったので、陸軍経験値がもらえるトミスワフ・ウパシュコさんを雇用。

7月

screenshot_no-0016

研究終了 建設I
研究 機械式計算機

ポーランド復讐主義を取得。ただ、まだ国際緊張が0%なので宣戦布告は行えず。

NF 防衛重視

8月

screenshot_no-0020

スペイン内戦が開戦。共和派と国粋派に分かれ、戦争。

数週間後、ベルリンでオリンピックが開催される。

研究終了 無線
研究 優勢火力

10月

NF「防衛重視」の取得を完了

軍事工場や対空砲、要塞などの軍事施設の建設速度が20%アップする。

ここから、NFは研究枠の追加を目指して進めていく。

NF 四か年計画

11月

研究終了 集中工業I
研究 戦間期型砲兵

12月

screenshot_no-0023

政治力がたまったので、軍事工場を早く建てられる「ユゼフ・ハレル」さんを雇用。

四か年計画の取得を完了。同時に防共協定に誘われるが、拒否する。

四か年計画自体の効果は建設関係の研究速度を1つだけ二倍にするという効果。

NF ワルシャワ中央駅

screenshot_no-0026

年末時点でのスペイン内戦はこんな感じです。

ただ、そこまで戦況は傾いてないようです。

次回:最難関の実績「Bearer of Artillery」取得を目指す part.1 1936年

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする